FMU-ICRPワークショップの開催について

福島県立医科大学と国際放射線防護委員会(ICRP)は、下記の内容にて公開の合同ワークショップ(同時通訳あり)を開催いたします。
ふくしま国際医療科学センター 先端臨床研究センターは、サイクロトロンで放射性核種を製造し、臨床のPET検査に加えて放射性医薬品の開発研究を行っています。核医学治療が飛躍的に進歩する中で、ICRPは放射性医薬品を用いた医療における放射線防護のあり方についての専門部会「Task Group 101」を設け、検討を重ねています。
今回のワークショップでは、ICRP「Task Group 101」のメンバーをお招きし、医療における放射線防護の最新の知見をお話いただきます。また最後にパネルディスカッションを行い、先進的な放射線防護のあり方について議論いたします。

名称:“FMU-ICRP Symposium on Radiological Protection in Medicine”
日時:2017年10月3日(火)10:30-16:40
場所:福島県立医科大学 光が丘キャンパス 7号館2階 第1会議室
主催:福島県立医科大学、国際放射線防護委員会
後援:日本財団
参加費:無料、要事前登録(先着100名、9月29日締切)
申込方法:rpmed@icrp.org 宛に氏名・所属・メールアドレスをお送りください

FMU-ICRP Workshop Third Announcement.pdf

役立つ情報

 

核医学治療

 

医療機関向通知・通達

 

ガイドライン

 

診療報酬等