2003

平成15年度市民公開シンポジウムのお知らせ(2003)

開催の趣旨

放射線は,いまや医療現場では検査や治療に欠かせないものになっています.しかし,放射線について一般市民の方々の理解は残念ながら進んでいないのが現状です.特に放射線被ばくに対する不安や疑問を抱いている方を多く見受けます.日本国民は,広島・長崎の原子爆弾や原子力発電所事故のイメージで「放射線=危険」という先入観を持っている上に,平成11年9月のJCOで発生した臨界事故や,密封小線源の紛失事故などが,更なる不安を与えています.また,普段は何も感じていない人たちも,自分の子供や身内が放射線診療を受ける状況が生じた場合,医療放射線に対する疑問点を質問しても,看護師などの医療スタッフは医療放射線に関する知識を有さないことが多いので,十分な説明ができないため,疑問や不安は解消されないままです.われわれは,このような人達の誤解や不安を取り除き,日常の放射線診療の円滑化を図るとともに,放射線によってもたらされる利益を,平等に享受してもらうために,看護師などの医療従事者を含む一般市民や大学生に医療放射線を正しく理解していただくことを目的として公開シンポジウムを開催しております.


テーマ :病院における放射線の被ばくを考える
日 時 :平成15年9月27日(土) 13:00~17:00
会 場 :高志会館カルチャーホール
〒930-0018 富山県富山市千歳町1-3-1(Tel 076-441-2255)
参加費 :無 料
主 催 :日本放射線技術学会,医療放射線防護連絡協議会,日本放射線技術学会中部部会
後援団体 (予定:現在申請中):
富山県 富山市 北日本新聞社 (社)富山県医師会 (社)富山市医師会 (社)富山市歯科医師会(社)  日本助産師会富山県支部 富山県助産師会 (社)富山県看護協会 (社)富山県歯科医師会 日本医学放射線学会 日本歯科放射線学会 日本核医学会 日本核医学技術学会 日本アイソトープ協会 日本画像医療システム工業会

内 容 :
第1部 基調講演
「放射線の被ばくとは」        松原 純子(原子力安全委員会)
第2部 パネルディスカッション 「病院における放射線と看護」
・ 放射線の人体への影響        近藤  隆(富山医科薬科大学)
・ 病院における放射線の役割      大野 和子(愛知医科大学)
・ 放射線を安全に利用するために    中橋ふみ子(富山西能病院)
・ 看護学科における放射線教育の現状  永山くに子(富山医科薬科大学)
・ 放射線診療の現場における看護    西野美千代(砺波総合病院)
・ 一般市民の立場から         藤場 芳子(石川県在住) 
第3部 質問と討論

連絡先 :社団法人 日本放射線技術学会事務局
〒600-8107 京都府京都市下京区東錺屋町167 ビューフォート五条烏丸3階
電話:075-354-8989 FAX.075-352-2556

第5回日本核医学会奨励賞募集(2003)

日本核医学会会員各位

第5回日本核医学会奨励賞募集

会 長 久保 敦司
理事長 利波 紀久

 今年度日本核医学会奨励賞の募集が下記のごとく行われます。受賞者には副賞として欧州核医学会会議出席に対する補助金各40万円が贈られます。本賞は日本シエーリング株式会社の寄付によります。
 受賞者は理事会において選考のうえ、決定されます。

 応募規定は下記の通りです。
募集人員:2名
副  賞:各40万円
応募資格:次の1.から3.を満たす者で応募演題は一編とする。
1. 2003年の欧州核医学会議で演題が採用され発表が決まっている発表者。
2. 日本核医学会会員(5年以上)であること。
(平成10年度入会:会員番号10759迄)
3. 原則として欧州核医学会議出席のための他の補助金、奨学金を受けていないこと。ただしこれまで日本核医学会賞や日本核医学会奨励賞(CISD賞)を受賞された方は、対象となりません。

応募方法:1.Abstract 20部
     (注意:選考の公平を期すためAbstractには氏名、所属を記入しないこと)
     2.欧州核医学会での発表承認を証明するもの(手紙の写しなど)
3.業績目録2頁以内、履歴書1頁以内、各2部
以上を日本核医学会事務局「日本核医学会奨励賞」係へ書留郵便でお申し込みください。
応募締切:平成15年6月2日(月)(消印有効)

送付先:〒113-0021 東京都文京区本駒込2-28-45
    日本アイソトープ協会内
    日本核医学会 日本核医学会奨励賞係 

第42回日本核医学会賞募集(2003)

日本核医学会会員各位

第42回日本核医学会賞募集

会 長 久保 敦司
理事長 利波 紀久

第42回日本核医学会賞の募集が下記により行われます。

(1)資格:次の1.から4.を満たす者。
1. 核医学に貢献する研究で米国核医学会に応募し、発表し得る論文(国内で行われた研究で国内外において未発表)を持ち、英語で討論ができる者。
2. 日本核医学会会員(5年以上)の研究者。
  (平成10年度入会:会員番号10759迄)
3. 原則として本賞および他の賞によって米国核医学会に出席経験のない者。
4. 平成15年8月4日(月)時満40歳未満の者。

(2)方法:1.英文演題Abstract(タイプ300words)、必要ならSupporting Data3枚まで、正1部、副19部(計20部)
  (注意:選考の公平を期すためAbstract, Supporting Dataには氏名、所属を記入しないこと)
      2.業績目録2頁以内、履歴書1頁以内、各2部
  以上を日本核医学会事務局「日本核医学会賞」係へ書留郵便でお申し込みください。

(3)締切:平成15年8月4日(月)(消印有効)

(4)条件:受賞者は翌年の米国核医学会に出席すること。

受賞者は理事会において選考のうえ決定され、日本核医学会賞ならびに副賞(米国核医学会出席に対する補助金として各30万円)が贈呈されます。

送付先:〒113-0021 東京都文京区本駒込2-28-45
    日本アイソトープ協会内
    日本核医学会 日本核医学会賞係 

日本医学会への加盟申請についての公示(2003)

平成15年5月15日

日本医学会

日本医学会への加盟申請については,日本医学会内規により下記のとおり公示する.

1. 加盟申請書受付期間
自      平成15年5月15日
至      平成15年7月31日

2. 加盟申請書には,概ね,下記の事項を記載または添付する.

(1) 目的・沿革(学会設立年,歴史的経緯等)
(2) 分科会としての独自性・存在の必要性(国内の他学会との関係・関連分野の学会名)
(3) 会員構成
・ 会員総数
・ 会員構成(医師,非医師の会員数,役員における医師・非医師の構成比率)
・ 学会への会員入会失格
(4) 学術集会(年間開催数,参加者概数)
(5) 機関誌(英文誌・和文誌の最近5年間の年間発行回数,総頁数,発行部数)ならびに査読制度の有無
(6) 国際性(国際学術集会の主催経験,国際学会との関連(支部になっているか),欧文機関誌の発行等)
(7) 学会の運営状況(経理,役員構成)
(8) 定款または会則
(9) 役員名簿
(10)その他参考となる事項
3. 加盟申請審査・決定時期(予定)

新規加盟審査委員会で審議の上,平成16年2月開催の日本核医学会定例評議員会において審査決定する.ちなみに平成14年度は1学会のみであった.
4. 審査書類

申請書は,下記のとおり日本医学会事務局に返信封筒(角2封筒に160円切手貼付)を添えて請求のこと.
〔日本医学会〕
〒113-8621 東京都文京区本駒込 2-28-16   日本医師会館内   TEL03-3946-2121(代)  内線 3241~2

役立つ情報

 

核医学治療

 

医療機関向通知・通達

 

ガイドライン

 

診療報酬等