賞・助成

第4回日本核医学会リターニー奨励賞募集

理事長 畑澤 順

第4回日本核医学会リターニー奨励賞の募集を下記のように行います。

(1)    選考対象
   海外への留学経験がある核医学分野で活躍する若手会員
(2)    募集人数
   1名
(3)    応募資格
   次の①から⑤を満たす者。
   ①    応募締切日時点で満45歳未満の者。
   ②    応募時において日本核医学会会員。
   ③    海外に6か月以上留学経験がある者。
   ④    帰国後核医学についての研究、診療、教育を展開している者。
   ⑤    過去において日本核医学会リターニー奨励賞を受賞していないこと。
(4)    応募書類(各正1部、副7部)
   ①    学会が規定した応募用紙(HPからダウンロードのこと)
   ②    履歴書(1頁以内)
   ③    帰国後の業績の要約(核医学の研究、診療、教育、日本核医学会での活動における業績を1000字以内で記載)
   ④    留学中および帰国後の論文業績(最大5編まで)
(5)    応募方法:
   封筒の表に「日本核医学会リターニー奨励賞応募書類在中」と朱書きし、応募書類(①~④)を日本核医学会事務局「日本核医学会リターニー奨励賞」係へ書留郵便でお送りください。
   送付先:〒113-0021 東京都文京区本駒込2-28-45
   (公社)日本アイソトープ協会 本館3階
   一般社団法人 日本核医学会 日本核医学会リターニー奨励賞係
(6)    締切:平成29年6月16日(金)(消印有効)
(7)    選考方法:リターニー奨励賞選考委員会が選考し、理事会で決定します。

   受賞者には学術総会において賞状ならびに副賞が贈呈されます。受賞者は学術総会において留学経験と帰国後の活動について受賞講演を行います。

第4回リターニー奨励賞候補申請書.doc

第14回日本核医学会研究奨励賞募集

一般社団法人 日本核医学会
理事長 畑澤 順

14回日本核医学会研究奨励賞の募集を下記のように行ないます。

(1)    選考対象
   核医学に関する優秀な研究を英文原著論文として国際誌に公表した将来性のある若手会員。
(2)    募集人数
   3名(内1名 最優秀賞)
(3)    応募資格
   次の①から④を満たす者。
   ①    応募締切日時点で満40歳未満の者。
   ②    論文公表時および応募時において日本核医学会会員であること。
   ③    過去2年以内(2015年4月1日~2017年3月31日)に核医学に関する英文原著論文を国際誌に筆頭著者として公表していること。但し国内で行われた研究であること(Online掲載可)。
   ④    過去において日本核医学会奨励賞あるいは日本核医学会研究奨励賞を受賞していないこと。
(4)    応募書類(各正1部、副7部)
   ①    本学会が規定した応募用紙(HPからダウンロードのこと)
   ②    論文の別刷(論文は1編とする。)
   ③    履歴書(1頁以内)
   ④    業績集(原著、著書、総説のみ)
   ⑤    和文抄録(1600字、図、表を含まない)
(5)    応募方法
    封筒の表に「日本核医学会研究奨励賞応募書類在中」と朱書きして、応募書類(①~⑤)を日本核医学会事務局「日本核医学会研究奨励賞」係へ書留郵便でお送りください。
    送付先:〒113-0021 東京都文京区本駒込2-28-45
    (公社)日本アイソトープ協会本館3階
    一般社団法人 日本核医学会 日本核医学会研究奨励賞係
(6)    締切:平成29年6月16日(金)(消印有効)
(7)    選考方法
   学会賞選考委員会が選考し、理事会で3名を決定します。受賞者は、学術総会において研究内容の発表を行い、学会賞選考委員会が、最優秀賞に1名を決定します。

   受賞者には学術総会において賞状ならびに副賞が贈呈されます。

日本核医学会研究奨励賞候補申請書2017.doc

第56回日本核医学会賞募集

理事長 畑澤 順

第56回日本核医学会賞の募集を下記のように行います。

(1)    選考対象
  核医学の研究、診療、教育の分野において、その発展に多大な寄与をする傑出した業績を有する者。
(2)    募集人数
1名
(3)    応募資格
  次の1から4を満たす者。

  1. 応募締切日時点で満50歳未満の者。
  2. 応募時において日本核医学会会員で、会員歴が5年以上あること(平成24年度入会:会員番号13826迄)。
  3. 核医学の研究、診療、教育に多大な貢献をなした者。
  4. 過去において日本核医学会賞を受賞していないこと。

(4)    応募書類(各正1部、副7部)

  1. 本学会が規定した応募用紙(HPからダウンロードのこと)
  2. 1000字程度の業績の要約
  3. 履歴書(2頁以内)
  4. 業績集(10頁以内)

(5)    応募方法:
  封筒の表に「日本核医学会賞応募書類在中」と朱書きし、応募書類(1~4)を日本核医学会事務局「日本核医学会賞」係へ書留郵便で送りください。
  送付先:〒113-0021 東京都文京区本駒込2-28-45
  (公社)日本アイソトープ協会本館3階
  一般社団法人 日本核医学会 日本核医学会賞係
(6)    締切
  平成29年6月16日(金)(消印有効)
(7)    選考方法
  学会賞選考委員会が選考し、理事会で決定します。
    
  受賞者には学術総会において賞状ならびに副賞が贈呈されます。

第56回日本核医学会賞候補申請書.doc

第9回日本核医学会アジア研究奨励賞募集


(1)    目的:
アジアとの連携を深めるため優秀な若手核医学研究者を日本核医学会学術総会に招聘して、学術総会で自身の研究を発表し日本核医学会会員との学術的な交流を深めること。
(2)    選考対象:
核医学に関する優秀な研究の英文原著論文を筆頭で公表したアジアに在住している日本国籍を有しない若手核医学研究者
(3)    募集人員: 2名
(4)    応募資格:次の①から⑤を満たすもの
①    日本以外のアジア諸国で核医学研究に従事していること
②    応募締切日時点で40歳未満であること
③    過去2年以内(2015年1月1日~2016年12月31日)に核医学に関する英文原著論文を国際誌に筆頭著者として発表していること(Online掲載可)
④    第57回日本核医学会学術総会(2017年10月5~7日、横浜)に出席して、論文内容を発表すること
⑤    過去にアジア研究奨励賞を受賞したことがないこと
(5)    応募書類:(各正1部、副7部)
①    本学会が規定した応募用紙(HPからダウンロード)
②    筆頭著者英文原著論文の別冊(1編のみ)
③    応募者の核医学への貢献内容(自己アピール)(200ワード)
④    履歴書(1ページ以内)
⑤    業績集(3ページ以内)
⑥    パスポートコピー
(6)    応募方法:応募書類(①から⑥)を日本核医学会事務局「日本核医学会賞」係へ書留で郵送して下さい。なお、封筒に「日本核医学会アジア研究奨励賞応募書類在中」と朱書して下さい。
(7)    締め切り: 2017年3月31日(必着)
(8)    選考方法: 学会賞選考委員会が選考し、理事会で決定する。
(9)    受賞の内容:
①    副賞(日本核医学会学術総会出席のための渡航費滞在費相当額15万円)を受ける。
②    日本核医学会学術総会で論文内容を発表する。
    
(10)送付先:
〒113-0021 東京都文京区駒込2-28-45
(公社)日本アイソトープ協会 本館3階
一般社団法人 日本核医学会 日本核医学会アジア研究奨励賞係

役立つ情報

 

核医学治療

 

医療機関向通知・通達

 

ガイドライン

 

診療報酬等